男性型脱毛症(AGA)は男性だけではなく、女性も引き起こす可能性があるのはみなさんご存知でしょうか?女性のAGAはFAGAと呼ばれます。このFAGAの特徴についてまとめてみましたので、参考にしてくださいね。

女性のAGA(FAGA)は閉経後に引き起こしやすい

agaに悩む男性の画像

女性のAGA(FAGA)を引き起こしやすいのは閉経後と言われております。いったいなぜ閉経後にFAGAを引き起こしやすいかというと、女性ホルモンが関係しております。

閉経後の女性の女性ホルモンは、閉経前と比べると急激に女性ホルモンの分泌量が減少してしまいます。女性ホルモンの分泌量が極端に減りますので、男性ホルモンの影響を受けやすくなるため女性のAGAを引き起こす可能性が出てきます。

閉経する年代は個人差があります。閉経の平均年齢は50歳と言われており、早い人で40代でも閉経を迎えてしまう方もいます。30代でも早期閉経を迎えられる方もいます。

女性のAGAは、閉経後に引き起こしやすいので、女性のAGAが発症する平均年齢は40代〜50代頃の更年期と言われております。

女性のAGA(FAGA)の特徴

女性のAGA(FAGA)は男性とは違った特徴があります。男性のAGAの特徴は、髪の毛1本1本細くなったり、短くなったりして、頭頂部or前頭部から少しずつ髪の毛が薄くなってきます。

女性のAGAの場合は部分的に薄毛になるのではなく、頭髪全体的に薄くなるのが特徴的です。しかし女性のAGAの場合男性と違って、AGAの進行が進んでも髪の毛全部なくなることはほとんどないと言われております。

つむじや生え際が透けて見えやすいのも特徴的なので、閉経後に、つむじや生え際が以前と比べて透けるようになったら、少し女性AGAを疑う必要もあるかもしれません。

女性のAGA(FAGA)の治療法は?

つむじや生え際が薄くなってきて、「もしかして私AGAかも?」と少し焦ってしまうかもしれませんが、焦らずにゆっくり改善していきましょう。女性のAGAの治療法についてまとめましたので、参考にしてください。

①:大豆イソフラボンを摂る

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするって有名な話ですよね?女性のAGAは女性ホルモンが少なくなっていることが主な原因ですので、少しでも女性ホルモンを増やすために、大豆イソフラボンを摂取しましょう。

豆腐、味噌、豆乳などなど大豆イソフラボンが摂れる食べ物はたくさんありますので、積極的に摂っていくようにしましょう。

②:女性ホルモンを乱さない生活習慣を心がける

不規則な生活習慣を送っていると女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。いつも夜寝る時間が0時を超えてから、起きる時間はいつも適当などなどがありましたら、毎日決まった時間に寝る、起きるをして規則正しい生活習慣を送るように!

③:育毛シャンプーを使う

女性のAGAの原因は主に女性ホルモンが関係していますが、女性ホルモンだけに注意していれば治ることもあれば、治らない場合もあります。

育毛の基本は頭皮ケアですので、女性ホルモンに加えて行いたいのが、頭皮ケアです。頭皮ケアのために、普段使っているシャンプーを育毛効果のある育毛シャンプーに変えてみるのも治療法の一つです。

④:女性用育毛剤を使う

女性AGAの治療法③でも解説している通り、女性ホルモンバランスなどに加えて行いたいのが頭皮ケアです。育毛シャンプー&育毛剤を使うのが理想的です。

育毛効果が期待できる、女性用育毛剤を使って頭皮ケアを行ってください。男性用の育毛剤ではなく、女性用の育毛剤を使うようにしましょう!

⑤:女性のAGAを診てくれる専門のクリニックに行く

女性のAGAを診てくれるクリニックがありますので、FAGAの症状がひどい、育毛、頭皮ケアをしても一行によくなる気配がない、誰かに相談したいなどがありましたら、女性のAGAの専門のクリニックに行ってみることをおすすめします。

カウンセリングだけなら無料ってところの専門のクリニックもあるみたいですので、ネットで自分の地域名+女性AGA専門クリニックと検索して探してみてください。

女性のAGA(FAGA)は焦らずゆっくりケアをしていきましょう!

女性のAGAの症状によって、「やばい…このまま髪の毛が生えてこなくなる…ハゲになっちゃうかも…」などと焦るかと思いますが、しっかり治療すれば大丈夫です。

変に焦ってしまうと、色々と考えがちになってしまい、ストレスが過多になってしまい、ストレスが影響してAGAの進行を早めてしまい悪循環になってしまうかもしれません。

AGAと気付いても、焦らずにゆっくりケアをしていきましょう!