髪の毛が生えたり、抜けたりするのはヘアサイクルという毛周期があるからです。ではいったいこのヘアサイクルってどんなサイクルでしょうか?また、産後のヘアサイクルについても解説をしていきたいと思います。産後の抜け毛が多くなるのはヘアサイクルが乱れてしまうのも原因の一つです。

ヘアサイクルってどんなサイクル?毛周期なの?

ヘアサイクル

ヘアサイクルは3サイクルによって、繰り返し髪の毛が抜けたり、生まれ変わったりしております。その、3サイクルは成長期、退行期、休止期があります。では、それぞれチェックしていきましょう。

ヘアサイクルの3サイクルについて

成長期

一番髪の毛が生えてくる周期であるのが成長期。この周期の間に元気な髪の毛が生えてきます。今ある髪の毛の全体のほぼ90%以上がこの成長期に作られいるのです。このサイクルの期間ですが、個人差はもちろんありますが、平均ですが、2年~6年ほどあります。

退行期

では、続いて成長期が終わってやってくるサイクルが退行期です。退行期は簡単に解説をしてしまうと、成長期より少し髪の毛の製造が弱くなるって感じです。100の力が60ぐらいに下がってしまう周期とイメージされると良いと思います。期間は平均2週間~1ヶ月あります。

休止期

続いて退行期の次に迎えるのが完全に髪の毛の製造がストップしてしまう周期である、休止期です。成長期で2年以上働いたんだからちょっとは髪の毛製造するの疲れたから休ませてって感じで細胞君達のお休みタイムです。期間はちょっと長い3ヶ月~5ヶ月ぐらいあります。

産後のヘアサイクルは一気に休止期に?

sanngoseinsei

ヘアサイクルの乱れですが、色々な事で、乱れてしまいます。加齢が原因だったり、食生活や生活習慣による乱れであったり、血行が悪くなったり色々あります。その中でも産後のヘアサイクルの乱れはホルモンバランスの乱れによって乱れます。妊娠中は女性ホルモンたっぷり分泌されております。

ですが、産後は妊娠中に女性ホルモンの分泌量が多かったのですが、産後には少し少なくなってしまうため、ホルモンバランスがどうしても乱れてしまいます。女性ホルモンの分泌量が多いため、妊娠中は抜け毛も減ります。

女性ホルモンと髪の毛は大きく関係しており、妊娠中は分泌量が多くて、抜け毛も少なくなり、毛もぐんぐん成長している状態です。その変動が、産後に一気にきて抜け毛が増えてしまうのです。毛の細胞君達は、妊娠中、成長期で頑張っていて、産後は一気に休憩に入るため、休止期に入ります。

その乱れたヘアサイクルを整えてあげるために、女性用育毛剤が効果的なので、産後の抜け毛に育毛剤を使うのがおすすめなのです。

妊娠~出産まで頑張ったんだから、少しは休もう!

妊娠~出産さんまで、もちろんママさんも頑張ったと思いますし、髪の毛の細胞君達も頑張って毛を製造をしておりました。もちろん産後の体調は優れないと思いますので、元に戻るまで、無理をせず休む必要があります。ママさんと同じく、細胞君達も休みたい気持ちでいっぱいなのです。

ですので、産後にヘアサイクルの、髪の毛の製造がストップする休止期に入るのですね。通常の休止期は3ヶ月~5ヶ月程度ですが、産後の場合ですと、個人差があって、1年続く場合もあるみたいです。

ヘアサイクルが整ってくるまで、時間の経過を待つか、育毛剤や育毛シャンプーを使って整えてあげる方法もあります。時間が解決をしてくれますが、一切ケアをしない!というのもNGですので、産後の頭皮ケアは必ず行っていってくださいね♪